“私は今、添削の勉強をしています。誰かの小説や自分の小説を直したり、誤字脱字を指摘するという勉強です。正直簡単だと思っていましたが、かなり難しいです。何より体力と時間を消費します。
何度も同じ文章を読み返しては間違いを探していきます。誤字脱字は直すのが楽ですが、表現のミスやおかしな文法は見つけるのに苦労します。例えすぐに見つけても、ちゃんとした直し方を知らないと指摘する事が出来ません。
そんなわけなので結局2万字の作品に4時間くらいかかってしまいます。先生は添削とは早く終わすものじゃない、と言っていますが私よりも1時間くらい早くやります。それで完成度は私よりはるかに高いです。
いつか私も先生みたいに添削が出来るようになりたいと思っています。”